カテゴリー「年間行事」のお知らせ一覧

公開日2018/12/22 最終更新日:2019/09/30

バレンタインデーに喜ばれる豪華な中華デートディナー

バレンタインデーというと、女性から男性にチョコレートを配るイベントとして定着しています。

実は、バレンタインデーの日本のイベントは、宗教から発生したものではなく、商業的に普及したイベントです。そのため、世界的に見ても、日本のバレンタインデーはかなり異質な存在として知られています。

日本と世界とのバレンタインの違い

日本の場合は、女性から男性にチョコレートを渡すイベントとして発展しました。バレンタインのイベントは、年月が経過することによって、大切な人以外にお世話になっている人にも渡すいわゆる義理チョコ、仲の良い女性同士でチョコレートを交換するいわゆる友チョコなどに派生しました。

お隣韓国も日本式のバレンタインが定着しているそうです。これも、日韓両方にあるロッテの影響なのでしょうか?

しかし、世界的にみてみると、男性から女性に感謝の気持ちを伝えるイベントです。チョコレートではなく、花やアクセサリーを送ったり、ディナーに誘うなどルールは若干異なります。

中国のバレンタインの場合も男性から女性にバラの花束を送ることが習慣化しているそうです。

日本でも世界標準のバレンタインデーにしようという動きがあります。

日本でも世界標準の男性から女性に贈り物をしようという文化を普及させようという動きがあります。

青山フラワーマーケットや日比谷花壇をはじめとする花屋が中心になっている一般社団法人 花の国日本協議会が普及しようとしているフラワーバレンタインもその動きの一つです。

百貨店、映画やテレビ番組などとタイアップして、男性から女性にバレンタインデーに花ギフトを送る啓蒙活動を行なっています。

中国でも贈り物に使われている薔薇の花言葉は、「愛」です。
ちなみに、桔梗や胡蝶蘭にも愛の意味がありますが、バレンタインデーの2月は時期ではありません。

バレンタインデーにはサプライズディナーはいかがでしょうか?

ここで日本式のバレンタインデーの過ごし方ではなく、男性側からサプライズで標準的なバレンタインデーの過ごし方をして見ませんか?

実は、アメリカ式のバレンタインデーは、カップルである男性側から女性側をデートに誘い、おしゃれなディナーを食べたり、花などに限らず、様々な贈り物をするイベントです。

「バレンタインデーに中華料理?」と違和感を感じるかもしれませんが、頤和園では接待に特化した完全個室以外にも、デートに適した綺麗なオープンテーブル席と満足度の高いメニューをご用意しております。

中国では、フカヒレは縁起物とされており、形が翼に似ていることから飛躍の意味が込められているそうです。

頤和園の飲み放題に含まれている紹興酒は、世界のトップ品質のブランドである古越龍山です。

紹興酒は、健康や美容にも良いことが言われていますが、これは必須アミノ酸が豊富に含まれており、その量は、同じく健康飲料としても知られている国産黒酢以上という結果が出ています。(興南貿易株式会社より)

世界中の中国大使館や領事館で御用達の紹興酒になります。

 

東京駅から徒歩圏内にある京橋エドグランの中にある京橋店では、ソファーの半個室の他に、開放的なテラス席もございます。

京橋店の予約をとる。(バレンタインデー付近のご予約は、1月からになります。)

霞ヶ関店ではガラス張りの開放的空間の中にテーブル席がございます。

霞ヶ関店の予約をとる。(バレンタインデー付近のご予約は、1月からになります。)

福岡エリアの場合は、天神店が少人数の会食向けの店内です。

天神店を予約する。(バレンタインデー付近のご予約は、1月からになります。)

やっぱり、バレンタインデーは西洋式が良いという方には「和伊の介」

和伊の介には、50種類のドリンクを選べる飲み放題や6皿を選べるプリフィクスプランがあります。

これには、生地から作った名物のナポリピザや肉汁が広がる牛サーロインのタリアータもそのメニューに含まれます。

和伊の介の予約をとる。(バレンタインデー付近のご予約は、1月からになります。)

頤和園への予約方法に関しましては、以下のリンクをご参照ください。